メニュー 閉じる

行動理念

付加価値の向上=「自主性向上」×「自由時間増大」
付加価値を高めるために、自分を磨こう。

昨今の働き方の改革や2020年のcovid-19のパンデミックなどを通じて、日本の労働環境は大きく変わっています。リモートワーク、時差出勤、分散労働など、この数年で働き方に大きな変化が見られました。しかし、労働環境は変わってきているものの生産性向上に対する取り組みは不十分です。

弊社の考える「働き方の改革のあるべき姿」は、個々の業務改革・生産性向上の実現、すなわち「自分自身が変わっていくこと(付加価値の向上)」が重要と考えています。この付加価値の向上のために、以下の2要素が重要です。

  • 「社員自主性の向上」
    社員が自ら考え自ら行動する。その行動を会社がサポートする。自主性の向上こそが働き方改革につながると考えています。
  • 「自由時間増大」
    主体性変革のために必要な要素です。社員の自由時間(プライベートな時間)を増やすことで、趣味の充実やクリエイティブな活動や新しいことに挑戦することができるようになります。そのことにより社員のアンテナ感度が向上し、それが結果として能力の向上につながると考えています。

弊社には一流企業や様々なビジネスシーンの最前線・局面で活躍してきた仲間たちがいます。仲間たちのノウハウを最大限に吸収してください。そのことにより、コンサルタントやエンジニアとしての付加価値の最大化が実現できると考えています。